社会になんかぼんやりとある息苦しい圧力を感じる平成生まれの若者の想い

 

この記事を書いている人 - WRITER -


スピリチュアルを活用すれば、自分らしい人生を送れるという考えのもと、セミナーの企画運営を行う。セカイ系アニメやガンダムが大好きな平成元年生まれ。

→詳しいプロフィールはこちら

TAKAO

まいど!お酒は嗜む程度のTAKAOです。

みなさんは、「なんか感じる無言の圧力」というのを感じますか?

僕は、35人ぐらいが住んでいる中型のシェアハウスに住んでいるのですが、最近リビングでこの「社会になんかぼんやりとある息苦しい圧力」について住民と話してました。

そして改めて自分のペースで生きる大切さを感じました。

 

 

まとめ

最近、友人でも心の病になる人が多いです。

もちろん、心の病がきっかけで学んだり、人生を修正することになるので悪いことばかりじゃありません。しかし、どうしても僕は、たくさんの人が心を病んでしまう社会に違和感を感じます。

思うことがたくさんあったので、ツイッターで呟きまくりました。「うわめっちゃ同感する。」「わかるわかる!」と思った方、僕は毎日Twitterで発信しているので、ぜひTwitterで反応して貰えると嬉しいです。

ほいじゃーね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です