2017/11/17

「黄金伝説」スケルトン生活が過酷すぎてなんか興奮して鼻血でそうだから書いた記事

 

この記事を書いている人 - WRITER -


スピリチュアルを活用すれば、自分らしい人生を送れるという考えのもと、セミナーの企画運営を行う。セカイ系アニメやガンダムが大好きな平成元年生まれ。

→詳しいプロフィールはこちら

TAKAO

まいど!TAKAOです。

よゐこ濱口とふかわりょうが「いきなり!黄金伝説」で一番過酷だったロケが「スケルトン生活」だったと話している記事を見かけました。

ネットにもあまり情報がなかったので、今日は「スケルトン生活」について記事を書きました。

 

「いきなり!黄金伝説。」とは?

テレビ朝日で放送されていたバラエティー番組。メインのMCは、お笑いコンビ「ココリコ」。ココリコの2人が過酷なテーマにチャレンジして「伝説」を作るという趣旨で様々な過酷なロケが行われた。

後に、よゐこの濱口が加入して「無人島生活」などの有名になりました。

濱口の「獲ったどー!!」という叫び声は流行りましたよね。

ぶっちゃけ、濱口がメインMCと思ってました。

TAKAO

 

もっともキツいロケ、「スケルトン生活」とは?

2002年に放送された「スケルトン生活」は、屋外に特設された透明アクリルとビニールで作られた、外から丸見えの部屋「スケルトンハウス」に、濱口とふかわが一定期間暮らし続けるというものだった。昼夜問わず寝ている間までも、周囲を訪れる人々によって、生活が丸見えのスケルトンハウスは、精神的にかなり過酷だったようだ。

ライブドアニュースより引用ー

 

一週間の間、24時間暮らしが丸見えになるという企画みたいです。

実際の動画をご覧ください。(1分程度)

 

(Youtubeより引用)

本当にずっと見られてますね!なんとシャワーの瞬間まで見られています。

もう再生できなくなりましたが、他の動画で内容を見ましたが本当に過酷そうです。

なんと外に出るときは「スケスケスケルトンスーツ」で透明な服を着せられています。プライベートを明かすというより、透明なら面白い。という内容なんでしょうね。

ポイントとしては、

  • 壁はもちろん天井から床下までアクリル板で透明
  • 24時間、一般の方に見られる。
  • 24時間、一般の方に壁をどんどんされる。(=起こされる)
  • 外出する時は、スケスケスケルトンスーツという透明な服を着る。

スケスケスケルトンスーツ

 

スケルトン生活に挑戦した方々

・TIM(レッド吉田とゴルゴ松本)(2泊3日)

・ふかわりょう(1週間)

・よゐこ 濱口(1週間)

 

参加者の様子も簡単にまとめました。

TIMの場合

ゴルゴ松本は子どもに「命!命!」と一発芸をずっとコールされていました。ゴルゴは一発芸をする風に見せかけてオナラで答えてました。

あと、ゴルゴ松本が料理するときに、包丁の切り方などを主婦にダメ出しされてました。

 

ふかわりょうと濱口の場合

ふかわりょうと濱口は2人でなんと1週間もスケルトン生活をしておりました。上述したスケスケスケルトンスーツ、観客に向けてのコントなども導入されており、TIMより一層ハードな生活となっておりました。

ふかわのメンタルがかなり弱っている様子のカットが印象的でした。

 

TAKAOが思ったこと

やりすぎでしょ。

確かに笑えるけど、良い気分にはなりませんねー

TAKAO

 

参考にテレビ朝日の企業理念を載せときます。

テレビ朝日ホームページより引用

 

透明な部屋で芸人がさらし者にされても、夢も希望も僕は感じません。

 

でも、「しくじり先生」とかは良い番組だし、面白いなって思います!

TAKAO

 

 

伝えたかったこと

やっぱり、自分のミッション(使命)に生きることが大事だし、共感を呼ぶ。

「スケルトン生活」は共感を呼びませんが、「しくじり先生」って見ていて共感できるところがありますよね。

これって「しくじり先生」が、テレビ朝日の経営理念に沿った番組だからです。

僕は、自分らしく生きる人が増えればいいと思って活動しているのですが、

「自分らしく生きる」って自分に共感して貰うことがとても大切です。

僕の場合だと、僕の想いに共感してくれる人に、ブログとかメルマガ読んでもらう必要があります。

TAKAO

 

そして、共感してもらうには自分の信念に沿った活動をすることです。

ですので、

「お金が儲かる、面白い」ということもとても大事ですが、

「自分がなにをするべきか」というミッションに従うことが1番大事です。

ぜひ、自分のミッションに沿った活動を進めてくださいね。

ちなみに僕のミッションはプロフィールをご覧ください。

TAKAO

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です