5次元!?アセンション!?宇宙は次元で分かれていることを超わかりやすく解説するよ。

      2018/04/13
 

この記事を書いている人 - WRITER -
スピ系イベントの企画運営をしている平成元年生まれ。スピリチュアルで心を整えて自分らしい人生を送ることを伝えています。 聞き慣れないスピリチュアルの話をわかりやすく伝えるのが得意です。 趣味は甘いものをコーヒーと一緒に食べること。
詳しいプロフィールはこちら

まいど!TAKAOです!

スピリチュアルのブログとかで、よくこんな言葉見かけませんか?

「高次元」「次元上昇」、「波動」、「4次元世界」、「5次元世界」、「アセンション」、、、

「なんやねん!?これ!?」とツッコミ入れたくなった方は大勢いらっしゃると思います。

これって、

『「宇宙」が「次元」で分かれている。』

という世界観があるからなんです。

そして、より「高次元」の意識(=波動)になることをスピリチュアルは目指しています。

と、解説したつもりですが、かなりややこしいですよね。

そのため、今日は、スピリチュアルの「次元」についての世界観をお伝えしようと思います。

この世界観を理解すれば、ややこしい言葉だけでなく、「魂」や「心」がどういうものかイメージを持てます!

TAKAO

今日は吉澤尚夫さんと一緒に説明していきますね。

(吉澤尚夫さん)幼少期からスピリチュアルの能力が発達しており、見えない世界の存在が見えていた。10代よりスピリチュアルの能力を磨き、今では、スピリチュアルの能力も交えたカウンセリングや経営コンサルティングを行っている。

 

吉澤さんは、「次元」は「1000個ある」というスピリチュアルでもかなり尖った意見を持っている方です。よろしくお願いいたします!

TAKAO

では、まず「次元」について説明していきますね。

僕たちの「宇宙」は「次元」で分かれている

 

私たちが生きている宇宙って、次元で分かれているんです。では、次元って何でしょうか?

 

次元(じげん、dimension)は、空間の広がりをあらわす一つの指標である。座標が導入された空間ではその自由度を変数の組のサイズとして表現することができることから、要素の数・自由度として捉えることができ、数学や計算機において要素の配列の長さを指して次元ということもある。自然科学においては、物理量の自由度として考えられる要素の度合いを言い、物理的単位の種類を記述するのに用いられる。

Wikipediaより引用-

・・・。

TAKAO

・・・。

吉澤さん

 

はい!めっちゃわかりづらいですね!

文章だと難しいので、図で確認しましょう!

Wikipediaにありましたので、お借りさせて頂きました。

図を見ていただければわかるように、

  • 0次元は点のみの世界
  • 1次元は点をつないで線の世界になります。
  • 2次元は線をつないで平面の世界になります。
  • 3次元は平面をつないで立体の世界になります。

4次元以降は「見えない世界」となるので、後述しますね。

図でわかるように、僕たちはいろんな次元に存在しているんですね。

TAKAO

そう、スマホやパソコンの画面は2次元だし、画面を見ている僕らの肉体は立体の世界である3次元で生きてるんだよ。そして、僕たちの「意識」は4次元以上になってくる。物質じゃないからね。

吉澤さん

まず、次元については理解できましたか?

それでは、次元の数を見ていきましょう!

 

宇宙には1000次元まである。

1000次元を表した図

この宇宙は、0次元〜1000次元で構成されております。

1000次元ほど抽象的な世界になり、0次元になるほど具体的な世界になります。

最初、1000次元まであるって聞いた時は、そんなにあるの!?と驚きました。

TAKAO

宇宙は果てしなく広くて深いからねー!ただ、もともとは1つの次元しかなかったんだよ。それが今では「1000番目」にある「1000次元」なんだ。

吉澤さん

もともと宇宙には、1つの次元しかなかったんですね。そして次元が増えて行って、今では全部で「1000」個の「次元」があるということか!

TAKAO

そう。そして「1000次元」とはいわゆる「創造主」がいる世界なんだ。

吉澤尚夫さん

なるほど、「現実の見方が変わる!潜在意識、顕在意識という意識が現実を作る。」で説明したように、「創造主」が「意識」を当てたことによって、残りの世界が生まれたんですね。

TAKAO

そういうことなんだ!そして「意識」っていうのは、見えない4次元以上の世界を行き来することができるんだ。そして仏教や禅宗というのは、この「1000次元=創造主」の意識に到達することを目的としているんだよ。

吉澤さん

なるほど、なるほど!では、現代語で訳すと「意識高い系」だったんですね。

TAKAO

 

(現代語で訳すなよ。)そう!そう!

吉澤さん

そして、1000次元というのは「悟り」「空」「ワンネス」「愛」「真理」「根源」などの「すべては1つ」という概念の世界なんですね!

TAKAO

 

さすが!物分かりがいいね!

吉澤さん

まぁ、僕がブログ書いてますしね。

TAKAO

・・・。

吉澤さん

いろいろ話しましたが、
まずは「0次元〜1000次元までがある」ということをご理解ください!
 では、4次元以上の「次元」はどのような性質があるのでしょうか?
まずは4次元から解説致しますね。

4次元が「感情」の世界、5次元は「感性」の世界

各次元の特徴を付け加えた図

宇宙は1000次元まであって、4次元以降の世界は「見えない世界」(=意識の世界)になります。

見えない世界すべてを解説するのは難しいので、本日は僕らに大きく関わっている4次元と5次元の世界についてお伝えします。

TAKAO

4次元は「感情」=心の世界

4次元というのは、「感情」の世界です。「嬉しい」「悲しい」「楽しい」「憎い」などの「情」の世界です。

「感情」である、人間の「心」は、この4次元に存在しています。

また、スピリチュアルで言われる「エーテル体(幽体)」「アストラル体(霊体)」というのは、4次元に存在する人間のエネルギー体を表したものです。

※注意

「エーテル体」は3.5次元と基本的に言われておりますが、本記事はスピリチュアルの世界観を理解して頂きたいので、わかりやすくするために「4次元」と表現しております。

ちなみに、4次元以上の次元には、空間と時間という概念がないんですよね?

TAKAO

そうだね。だって、目を閉じてイメージすれば、過去を想像したり未来にワクワクしたりできるでしょ?

吉澤さん

なるほど。僕らの「意識」には、空間と時間は関係ないんですね!他にも、4次元の特徴はありますか?

TAKAO

4次元って仏界のある世界なんだ。お寺の仏様がいる世界。仏様って優しいイメージあるでしょ?仏様には「あれが欲しい!こうしたい!」などの「情=エゴ」にも応えてくれたりする優しい方が多いんだよね。

吉澤さん

まさに「情」があるのが、仏様なんですね!「心」の次元だから、「感情」で困ったことがある場合は、お寺に祈祷しに行くと良いんですね。ん、ということは、5次元って、、、

TAKAO

4次元の仏様ほど、優しくないんだよね。

吉澤さん

【4次元のまとめ】

  • 時間と距離が関係ない世界
  • だから、過去にも未来にも行ける。
  • 人間の「心」である「感情」は4次元にある。
  • 4次元には仏界があり、仏様は4次元にいる。
  • お寺で祈祷すると4次元(=感情)に変化が現れる。

それでは、5次元はどのような特徴があるのでしょうか?

 

5次元は「感性」=魂の世界

5次元というのは、「感性」の世界です。

「センス」「信念」などの人の感性は5次元世界にあり、「感性」の源である「魂」はここに存在しています。

スピリチュアルでは、5次元にある「魂」のことを「メンタル体(精神体)」と呼んでおります。

5次元に「感性」ってあるんですね。だから、やりたいことやミッションと言われるものって「魂」が持っているんですね。

TAKAO

そう!ミッション、天命、腹の底からやりたいことっていうのは、「魂」が持っている「感性」なんだよね。これは生まれ変わっても変わらない。スピリチュアルで、次元上昇とか言うけど、それは4次元の「心」を満たそうとした意識が、5次元のミッション・天命を達成しよう!という意識になることなんだね。

吉澤さん

「アセンション」というのも、同じような意味ですよね?

TAKAO

そう。4次元の意識から、5次元以上の意識で生きるということなんだ。簡単に言うと意識レベルが上がるってことね。1000次元である「創造主」に近い意識になるという意味もあるね。

吉澤さん

なるほどー!多くの人が「ミッション」「やりたいこと」である個性を発揮するようになるのがアセンションなんですね。5次元は、どういう存在が管理しているんですか?

TAKAO

5次元は、日本神界、つまり神社の神様達が主に管理しているよ。だから、「感性」に関することをお願いしたり、「やりたいこと」がわからないのなら神社に行くのがオススメだな。ただ、4次元の仏様みたいに、「情」はあんまりないんだよね。

吉澤さん

その分しっかり成長させてくれるんですね。

TAKAO

そうそう!だから、ベストはお寺も神社もバランス良く行くことかな?

吉澤尚夫さん

自分の「情」を満たすことも、「魂」を磨くこともどっちも大切ですもんね。吉澤さん、ありがとうございました!

TAKAO

ここからは5次元について、もう僕の方からもう少し説明します。

TAKAO

「5次元」はパラレルワールドを見ている次元

「4次元」は空間と時間の制約がなくなって、「過去」「現在」「未来」を行き来できるとお伝えしました。

そうしたら「5次元」からは、どんな「制約」がなくなるのでしょうか?

それが、さまざまな「可能性」を行き来できるようになるんです。

ごめんなさい。わかりづらいですよね。説明します!

TAKAO

僕たちには無数の「可能性」があり、その「可能性」ごとに「世界」があります。

これはパラレルワールドってやつですね。パラレルワールドが無数にあります。

例えば、

Aという「過去」「現在」「未来」があるとします。

Bという「過去」「現在」「未来」があるとします。

もっと具体的に言うと、

A社に就職した「過去」「現在」「未来」もあれば、

B社に就職した「過去」「現在」「未来」もあります。

「5次元」というのは、このA・Bのどちらの世界も行き来できる「次元」なんです。

そうして、先ほど、僕たちの「5次元存在」は「魂」とお伝えしました。

「魂」は、さまざまな「可能性」であるパラレルワールドを見ているんです。

そうして「こうした方がいいよ。」というのを「感性」として僕たちに伝えてくれています。

すなわち、「直感」や「第6感」というのは、「魂」が異なるパラレルワールドを見た上で伝えてくれているんです。

だから、「直感」「こうしたい!」という「感性」に従うことがとても大切です。

TAKAO

動画で「次元」や「パラレルワールド」のことを説明しました。

良ければご参考ください。

ちなみに「直感」「こうしたい!」がわからない方は、、、

自分の「感性」を感じる時間を作ると、どんどん受け取れるようになります。こちらの瞑想法をご参考ください。

瞑想で魂と繋がろう!感性を感じるソウルセット瞑想を試してみよう!

【5次元のまとめ】

  • 5次元には「魂」がある。
  • 「魂」とは「感性」のこと。
  • 「ミッション」「やりたいこと」は「感性」である「魂」が持っている。
  • 5次元は神社の「神様」がいる次元。
  • やりたいことを見つけたいなら「神社」で祈祷する。
  • 5次元はパラレルワールドを行き来できる。
  • 「直感」は「魂」からのメッセージ

 

まとめ

なかなかややこしかったと思いますが、いかがでしょうか?ぜひ「4次元」と「5次元」の違いと役割を理解してくださいね。

(4次元と5次元についての簡単なまとめ)

4次元は感情、僕らの心(エーテル体・アストラル体)がある世界です。仏教の仏界がある。
5次元は感性、僕らの魂(メンタル体)がある世界です。神社の神界がある。

ほいじゃーね!

この記事を書いている人 - WRITER -
スピ系イベントの企画運営をしている平成元年生まれ。スピリチュアルで心を整えて自分らしい人生を送ることを伝えています。 聞き慣れないスピリチュアルの話をわかりやすく伝えるのが得意です。 趣味は甘いものをコーヒーと一緒に食べること。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© TAKAOのスピリチュアルブログ , 2017 All Rights Reserved.