2017/09/06

「自分らしさ・個性」がわかれば「弱み」が「強み」に変わります。

 

まいどまいど!TAKAOやで。

ある日、僕が住んでいるシェアハウスでよく話す友達YさんからこんなLINEメッセージをいただけました。

 

そういえば、「調和を図らないとね〜」って言ってた!!

 

 

 

なるほど、我ながらめっちゃ良いこと言ってるやん。

TAKAO

 

覚えてないやん! まぁ人って、他人から言われた些細な一言でハッと気づくんだよね。

たまちゃん

 

思わぬ人や出来事から気づかされるようできているから、悩んだ時とか、答えが欲しい時は身の回りに意識を向けて見てね。

TAKAO

 

TAKAOが伝えたいこと

それで、このメッセージの内容はズバリ僕が伝えたいことだなー。と思ったので、記事にして紹介させて頂きます。

 

それが、「自分らしさ」に目を向ける、ということです。

 

ついつい欠点をなんとかしようと思ってしまう。

どうしても「欠点」に目が行ってしまいますよね。

 

例えば、

学校では、あらかじめ決められた「答え」に辿り着くよう求められますし、受験では成績の悪い強化を勉強するように考えます。

企業に入っても、成績優秀者の能力を下記の図のようにチャートにして、「みんなこんな人材になれ!」ということを求めますよね。

 

 

(例)成績の良い人材の能力

 

だから、

「数学を伸ばさなきゃ!」「辛抱強さを強化しなくちゃ!」「ここを強くしなきゃ!」

 

このように、どうしても「欠点」に目がいくようになってしまいます。

 

そうして、自分の「欠点」が直すことができれば、自己実現ができると考えるようになります。

 

そして、「欠点」を直したり、足りない部分を補おうとしてしまいます。

 

 

でも欠点は直らない。

でも、そうやっても欠点は直りません。

 

なぜなら、「私には〜〜が足りない」という「考え方」で行動しているからです。

 

こちらの記事で説明したのですが、僕たちが「意識」したものが現実になります。

現実の見方が変わる!潜在意識、顕在意識という意識が現実を作る。

 

例えば、「他の人と比べて、私にはメンタルの強さが足りないから、営業で精神力を強化しなければ

 

このような「意識」だと、結局、「メンタルの強さが足りない自分」に「意識」を向けているため、

 

「メンタルの強さが足りない自分」がずっ〜ーーーーっと出てきます。

 

僕の場合だと、「親との関係を解決しなければ自分のやりたいことはわからない」に固執しておりました。

 

固執している間は、親との問題は解決しませんでした。

 

※この経験はこちらの記事「だから絶対おすすめしたい!親子関係はほっといたら改善するんです。」で書いています。

 

あのときは、もがけば、もがくほど状況が悪化したな〜!

TAKAO

 

 

両親と仲良くなれない!という前提で行動してたもんね。

たまちゃん

 

あと、これを直そう!あれを直そうばっか考えていたよ!

TAKAO

 

心理学で自分を分析しまくると、悪いところを直すことばっかりに目が行って心が病むよね。

たまちゃん

 

うん。スピリチュアルな「見えない世界」のことばっかり考えても、頭がハッピーすぎる人だけど、心理学で自己分析しまくっても変化はないよね。

TAKAO

 

 

結局は、バランスが大事ということに行き着くよね。

たまちゃん

 

ということで、「じゃあ最適なバランスは何?」っていうことをお伝えします。

TAKAO

 

 

 

欠点より「自分らしさ」に目を向ける

だから、他人だったり社会の常識と自分を比べるのではなく、

 

ありのままの「自分らしさ」に目を向けてください。

 

具体的に言うと、

 

自分がどういうことが好きで、

どんな分野でどんなことをすると能力を発揮できるだろうか?

 

どんな仕事をして、どんな人と付き合って、

どんなことを毎日思って生きることが、一番イキイキとしていて楽しいだろうか?

 

もっと深く言うと、

自分が人生で何を成し遂げたくて、死ぬ時にはどんな状態で死にたいのか?

 

このような「自分らしさ」に目を向けて欲しいです。

 

なぜなら、

 

 

足りないところを補っても、欠点を隠しても、

 

憧れのあの人」や「世間が認めるあの人」には決してなれません。

 

さらに、「自分らしい」人生こそが、1番情熱を持って過ごせるし、1番自分の能力が発揮できるし、1番自分が人間としても成長する人生なんです。

 

だって、それこそが、「魂」が「こういう人生にする!」と決めた道だから。

 

そして、

 

欠点も無視していれば、勝手に消えていきます。

正確に言うと、消えはしないのですが、目立たなくなります。

 

なぜなら、「意識」していないからです。

 

ぜひ、「自分らしい」に意識を向けて、人生を歩んでくださいね。

 

 

結局、最適なバランスっていうのも、1人1人に適したものがあるんだよね。

TAKAO

 

 

その人の人生に適したバランスがあるんだね。

たまちゃん

 

答えとしてはちょっと面白くないけど、ホンマそうやねん。だから、正解はないんだよな!

TAKAO

 

どの魂も「自分らしい人生」を歩むことによって成長を望んでいるもんね。だから、どの人のあり方も尊重しないといけないね。

たまちゃん

 

いいこと言うね〜!そして、本ブログではスピリチュアルの観点から「自分らしい人生」を歩むお手伝いをしていきますね!

TAKAO

 

 

うまくまとめたやん。

たまちゃん

 

 

まとめ

「欠点」を直そうとすることって、負のループにハマるようなものなんです。

どんどん、欠点が目立つようになるし、自分が何が好きか?ということもわからなくなっていきます。

だからこそ、「自分らしさ」を活かすことに集中して欲しいです。

 

以下にて、記事のまとめになります。

  • 欠点を直せば自己実現できると思ってしまう。
  • 欠点を直そうとしても治らない。
  • 「欠点」より「自分らしさ」を意識することが大事。
  • 「自分らしい」人生こそ、能力が発揮できて、成長もできる。
  • 「自分らしさ」を発揮すると、欠点は目立たなくなる。

 

ほいじゃーね!

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です