【潜在意識とスピリチュアル】「意識」の力が現実を作っています。

      2018/05/30
 

この記事を書いている人 - WRITER -
スピ系イベントの企画運営をしている平成元年生まれ。スピリチュアルで心を整えて自分らしい人生を送ることを伝えています。 聞き慣れないスピリチュアルの話をわかりやすく伝えるのが得意です。 趣味は甘いものをコーヒーと一緒に食べること。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!TAKAOだよ!

スピリチュアルの基礎をいろいろ書いていきたいです。目指すは、このブログ1つでスピリチュアルの世界観がわかり、実践法まで辿り着くこと。

それでは、スピリチュアルな世界観の大前提である「意識」が「現実」を作ることからお伝えしていきます。

 

「意識」が「現実」を作っています。


スピリチュアルのブログですが、いきなり科学的に説明しますね。いろんな説明の仕方があるのですが、僕にとってはこれが1番しっくりきました。

「内面」が大事だ!という話を良く聞きませんか? 例えば、、、

  • スピリチュアルでは、「現実は内面の投影ですよ」と伝えている
  • 引き寄せの法則では、「イメージして、ポジティブな感情を感じろ!」と伝えている。
  • 仏教では、「空即是色 色即是空」と伝えている。

これらはすべて、

「意識」が「現実そのもの」を作っているんだよ。

ということが伝えたいメッセージです。

で、ここでいう「意識」というのが、「潜在意識」と「顕在意識」です。

「意識」とは?
「思考」として普段から認識している「顕在意識」

僕たちが認識していないけど自動で働いている「潜在意識」「無意識」

大きく分けてこちらの2つです。

それぞれの「意識」については、顕在意識と潜在意識と超意識=思考と心と魂がわからないと心は整いません!で詳しく説明しています。

TAKAO

 

だから、スピリチュアルも引き寄せの法則などの自己啓発でも、

「顕在意識」の使い方を気を付けて、「潜在意識」を変えていきましょう!

そうしたら「現実」が変わりますよ!

と伝えています。

では、なんで「意識」が「現実」を作っているのでしょうか?

 

量子物理学で「物質」は「意識」によって作られていることがわかりました。

「思いっきり科学やん!スピリチュアルちゃうやん!」とツッコみを入れたくなると思います。しかし、ここは量子力学から説明するのが一番わかりやすいんです!

だからツッコみたい気持ちはわかるが落ち着いて読んでおくれ!

それで本題ですが、

僕たちって、細胞でできていますよね?

では、細胞は、分子によりできています。

で、分子は原子によりできています。

じゃあ原子はどんなものなのだろうか?

「科学技術が進歩して、高性能な顕微鏡が開発されたから、それで原子を見てみよう。」

科学者達は高性能な顕微鏡で原子を見ました。

そしたら、、、

ということがわかりました。

原子は粒子(物質)から波動(エネルギー)へ、またその逆へと変貌を繰り返すことがわかったのです。

「これどういうこと!?今までの物理学では説明ができない!」

「原子より小さい世界での物理法則を解き明かそう」

このような経緯で生まれた学問が量子物理学です。

 

そもそも原子は固体ではなかった。

雑な図ですいません。絵力ないことに自信持ってます。

とにかく、図で表しました。

量子物理学は、図のように、「原子核」と「電子」で原子ができていることを解き明かしました。

原子は、「原子核」とそれを取り囲む「電子」で出来ているのですが、

  • 99.99999%の電子(エネルギー)
  •  0.00001%の原子核(物質)

原子はほとんどエネルギーで出来ていたのです!!

つまり物質としてはほとんど存在していません。

じゃあどうやったら、原子は「物質」になるのでしょう?

ここで「意識」が登場します!

なんと、、、

「意識」に応じて、電子が「波動(エネルギー)」から「粒子(物質)」に変わる現象が確認されたのです!

TAKAO

説明していきますね。

「観察者」がいることで、電子が「波動」から「物質」となる。

高性能な顕微鏡で原子を撮影すると、先ほどの図のように「電子」が映っていませんでした。

電子は波動(エネルギー)になっており、粒子(物質)ではないため見えない。

しかし、

ここに観測者、すなわち、「この原子を見よう」という計測する人が加わると、、、

 

ちょっとわかりづらいと思いますが、

電子は、波動(エネルギー)から粒子(物質)になって、目に見える存在となります。

「観察者」の「意識」に応じて、

原子を構成している「電子」は波動(エネルギー)から粒子(物質)となるのです。

量子物理学的に言うと、

観測者が電子を探すとき、その瞬間と場所で電子のすべての確率が崩壊し(電子は波動の性質を失い)、物理的存在(物質)となって出現する。

みなさんが「意思」をどこかに振り向けるときエネルギーはそれに反応し、物質化します。

 

顕在意識と潜在意識が現実を作っている

だから、僕らの「意識」に応じたものが、波動(エネルギー)から粒子(物質)へと変わっていきます。

すなわち、僕らの「意識」が「現実」を作っているのです。

僕たちが「見よう」と意識をむけた「現実」が物質化しているのです。

でも、みなさんはこう思いませんか?

  • 「でも、現実は思い通りに行ってないことばっかだよ、コンチクショー!!」
  • 「まったくもって俺の意識が反映されてないよ!」

そう、「意識」には、こちらの2つがあるんです。

  • 普段から認識している「顕在意識」=すなわち「思考」
  • 普段から認識していない「潜在意識」=すなわち「無意識」

この2つの「意識」に応じて「現実」が作られています。

だから、僕たちが認識している「思考」とは別に、「無意識」が働いているんです。

例えば、

  • お金は欲しいと思考しているけど、潜在意識では「私はお金がない」と発信している。
  • 彼女は欲しいと思考しているけど、潜在意識では「私は彼女ができない」と発信している。
  • 怒られたくないけど、潜在意識では「私は怒られていつも落ち込んでいる人」と発信している。

こんな感じで、思わしくない「無意識」が働いてしまい、現実が思うように作られないのです。

しかも、人間の「意識」は、潜在意識の方が強いんです。よく顕在意識と潜在意識の割合はこのように言われます。

  • 顕在意識は1%
  • 潜在意識は99%

このように、ほとんどが潜在意識なんです!

スピリチュアルや引き寄せの法則などのいろんな自己啓発で、「思い込み(無意識)を変える」「潜在意識を変える」というのは、潜在意識が現実に強い影響力を持つからなんですね。

以上、量子力学の観点から「意識」が「現実」を作ることをお伝えしました。

ただ、これだけでは、まだちょっと納得できないですよね。僕もそうでした。

では、なぜ僕は「意識」が「現実」を作っているということを納得できたのか?

いくつもの要素があるのですが、特に印象に残ったのは、稲盛和夫さんの本を読んだ時でした。

意識が現実を作っていると主張しているのは、スピリチュアルだけではありません。

稲盛和夫さんとは?

京セラやKDDIの創業者。また日本航空(JAL)が経営破綻した際には、日本航空のCEOを無給で就任し、3年足らずで再上場を果たした。2017年フォーブス日本長者番付49位、資産840億円。めちゃくちゃすごい日本を代表する経営者

-画像はスゴイ名言チャンネルより引用-

稲盛和夫さんの「生き方」を読んだ時にこう思った。

スピリチュアルと言っていることは一緒やん。

こう思ったんです。

例えば、「生き方」にはこのようなことが書かれています。

  • 「寝ても覚めても強烈に思いつづけることが大切」
  • 「すみずみまでイメージできれば実現できる」
  • 「漠然と「そうできればいいな」と思う生半可なレベルではなく、強烈な願望として、寝ても覚めても四六時中そのことを思いつづけ、考え抜く。」
  • 「不可能を可能に変えるには、まず「狂」がつくほど強く思い、実現を信じて前向きに努力を重ねて行くこと」

これらは、「意識が現実を作っているから、適切なマインドセットを作ろうね!」ということを伝えていますよね。

実際に稲盛和夫さんはが「意識」で「奇跡」を起こしたエピソードを紹介しますね。

稲盛和夫さんは、新卒でセラミックスに関わる研究者となりました。

しかし、大学時代は石油化学などの有機化学を専攻としており、セラミックスに関する基礎的な知識や技術はなかったのです。

さらに新卒で入った会社は赤字を続けており、粗末な研究設備や装置しかありませんでした。

稲盛和夫さんは、その中でもなんとか成果を出そうと猛烈に仕事をしました。その時は、常に「新しい材料を作る」ことしか頭になかったそうです。

その結果、新しい材料を合成することに成功しました。しかも、それはアメリカのGEの研究所が1年程前に世界で初めて合成に成功した新素材だったのです。

しかも、GEとは別の合成方法で作ることに成功しました。すなわち、オリジナルな方法だったんです。

稲盛和夫さんは、精密な設備を使って理論的な実験をしたのではありません。様々な方法をとにかく試していたら、幸運にもGEに匹敵する成果を上げることになったのです。

そうです。たまたま新素材の合成方法を見つけただけだったのです。

この経験から、稲盛和夫さんは「意識」の大切さを理解するようになりました。

僕もスピリチュアルや量子力学で伝えている『「意識」が「現実」を作る。』ということは本当なんだな。とこのエピソードを読むことで納得できるようになりました。

それでも、本当に「意識」が「現実」に関係あるのかなぁ。と思う方はおられると思います。

そんな方はぜひ、次の実験を試してみてください。

TAKAO

では実際に「意識」が「現実」を作っているのか試してみましょう。

今日1日、ずっと『「黄色い車を見る!」ということを「意識」してください。』

※もちろん「紫の車」とか「ロールスロイスのファントム」とかでもいです。

とにかく、1日中ずっと「~を見る」ということを「意識」し続けてくださいね!

僕はこの実験をしたら、本当に黄色い車を見ました。普段、黄色い車なんて滅多に見ないのに、黄色いタクシーとすれ違ったんです。

さらにさらに、「意識」が「現実」を作っていると思う理由

僕は、数年前は親子関係がうまく行かずめちゃくちゃ悩んでいました。親子関係の悩みって、胸が抉られる感覚でとても辛いんですよね。

そんな「親子関係」を「改善」しようと、僕はもがいていました。両親に手紙とか書いていたんです。

しかし、もがけば、もがくほど親子関係は悪化していきました。

行き詰った僕は、心理やスピリチュアルなことを学ぶようになり、そして自分が「親子関係に問題がある!」という現状ばかり考えていることに気がつきました。

これでは「意識」から「問題」を作っていることになります。そこで、僕は親子関係を「ほっとく」「無視する」ことにしたんです。

そうしてから僕の親子関係は変わり始めました。今では、両親とも仲良くなり、自分の人生を応援して貰っています。

※詳しくは「【親子関係の悩み】実は、ほっといたら改善するんです。」をご覧ください。

【親子関係の悩み】実は、ほっといたら改善するんです。

 

まとめ

物質の最小単位である「原子」が、実は、「意識」に応じて作られています。

だから、僕たちの身体も人生さえも「意識」しているものが「現実」となっていきます。

「自分がどんなことを考えているか」「何にフォーカスしているのか」ということに、気を付けてくださいね。

本ブログはスピリチュアルのことを扱うブログですが、僕はスピリチュアルで伝えていることは、今回のような科学の視点も交えるとより理解が深まると考えています。

だから、科学で説明つかない話もたくさんあるのですが、出来るだけ科学の視点や研究結果を交えてスピリチュアルの活用法を紹介していこうと思います。

わからないことが、あったら何でも聞いてくださいね!

TAKAOにお問い合わせする
この記事を書いている人 - WRITER -
スピ系イベントの企画運営をしている平成元年生まれ。スピリチュアルで心を整えて自分らしい人生を送ることを伝えています。 聞き慣れないスピリチュアルの話をわかりやすく伝えるのが得意です。 趣味は甘いものをコーヒーと一緒に食べること。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© メンタル安定とスピリチュアルブログ , 2017 All Rights Reserved.