「不安」も生きるために必要な感情!「不安」に対処するたった5つの方法とは? 

      2018/04/17
 

この記事を書いている人 - WRITER -
スピ系イベントの企画運営をしている平成元年生まれ。スピリチュアルで心を整えて自分らしい人生を送ることを伝えています。 聞き慣れないスピリチュアルの話をわかりやすく伝えるのが得意です。 趣味は甘いものをコーヒーと一緒に食べること。
詳しいプロフィールはこちら

まいど!おうし座で美食にこだわるTAKAOです。

季節の変わり目や新しい生活の始まる時って、周りに気を配る事がとても多いですよね。

そうなると、交感神経ばかりが活発化してストレスが溜まりやすくなります。

そういう時って、気持ちがネガティブになりやすいので、今回テーマである「不安」も出やすくなるんですよね。

  • 「転職したばかりだが、会社の上司が怖いので長く勤められるか不安」
  • 「最近彼氏の様子がなんだかおかしい。もしかして浮気されているかもしれない 」
  • 「前の恋愛で傷つき、次の一歩がなかなか踏み出せない」
  • 「40才になり、この年齢で結婚と妊娠が出来るか不安」

などなど、本当に、生きているとどうしてこんなにも不安が付きまとうのでしょうね。

今回はそんな「不安」を解消したいあなたへ、「不安」の対処法をお伝えします。

まず「不安」とは?

いきなり断言しますが、「不安」というのは「考えすぎ」という場合がほとんどです。

「顕在意識と潜在意識と超意識=思考と心と魂がわからないと心は整いません!」でも紹介しましたが、「顕在意識」である「思考」ばかりで考えてしまうと、

まだ現実になってない将来や未来のことを「考えすぎて」、結果として、「不安」「心配」と言った気持ちを持ってしまいます。

だから、ほとんどの場合は、「考えすぎ」ているだけです。実際に「心配事の9割は現実にならない」という研究結果もあります。

 

でも、やっぱり「不安」になっちゃいますよね。

どうしても「不安」になってしまうことはありますよね。

僕も「考えすぎです!」とか言った割には、「不安」に苛まれる時はあります。

ということで、「不安」に陥ってしまった時の「対処法」を見て行きましょう!

 

1、まず「不安」になっていることを認識する。

これは、あらゆる「感情」に言えることなんですが、その「感情」に気づいてあげることがとても大切です。

基本的に「感情」は気づいて、認めて、感じてあげればなくなっていきます。

ただ、自分の「感情」に気づかずに「思考」でハマってしまうことって良くあるんです。

例えば、このような時は、「不安」に気づかないまま「考えすぎて」しまっていることです。

  • もし電車に乗り遅れてしまったら、どうしよう。
  • もしお金が足りなかったら、どうしよう。
  • もし娘に何かあったら、どうしよう。

このように自分でも気づかないで、「不安」を考え続けてしまうことはありませんか?

ひょっとすると、こんなクセがあるかも知れません。

  • 不安を紛らわせるために、ゲームばっかりしたり、
  • 甘い食べ物をとにかく食べたり、
  • 動画サイトで時間を潰したり、

「不安」を考えることが多いと、「不安」になることが嫌で、無意識に現実と向き合うことを避ける行動をしてしまいます。

さらに、「不安」に気づけないとこんなことも起こります。

「不安」が新たな「不安」を生むことも。

「緊張(不安)でミーティングでしっかり話せなかったらどうしよう。。。」

など、「不安」がさらに「不安」を生む悪循環に陥ることもあります。

だから、常に「自分がどんな状態か?」ということを冷静に俯瞰する意識を持つことが大切です。

だから自分の「感情」に気づこう。

「不安」「怒り」「悲しみ」も

「喜び」「ワクワク」「楽しい」も

どちらも人間が生きていくのに必要な「感情」です。

ですので、判別せずに「感情」を受け止めてあげることが大事です。そして、その最初の一歩が、「感情」に気づくことです。

まずは、「不安」になっている自分に気づいてあげてくださね。

気づけたら、次に「対処法」があるか考えてみましょう。

2、「不安」を現実的に対処する方法を考える。

「不安」とは、これから起こることへの恐怖です。

すなわち、自分で悪い結果を想像して、、、

これが起こったらどうしよう!?

TAKAO

と考えて、不安になると言われています。

しかし、どのような脳のどんなプロセスで不安が生じているのか、実はまだ解明されていません。

たまちゃん

ちょっと話は逸れますが、

ちなみに、「不安」になりやすい「遺伝子」はあります。
つまり、遺伝子的に「不安」になりやすい傾向を持っている人はいます。

話を戻して、

「不安」は「悪い結果を想像して起きます。」

ですので、まずは現実的にアプローチできないか考えます。

その「悪い結果」が起こらないよう、対策を行います。

もしくは、

「悪い結果」が起こった時の対策を予め考えます。

案外これだけで「不安」が減ることがあるので、ぜひ試してください。

しかし、「不安」はあるけど、「現実的な対策ができない」ということも多々あります。

そんな時、「不安」という感情がどういうものか理解しましょう。

3、「不安」を解決することを辞める

不確定なことが、どんどん増えている社会です。

しかし、

北朝鮮がミサイル発射しないか?戦争起こらないか?株が暴落しないか?

TAKAO

・・・。

たまちゃん

なんてことは僕らでは対処できません。

このような「不安」は、避けることもコントロールすることもできません。

「不安」を受け止めていくしかないです。

自分が「不安」なことを認め、向き合い、そこから学ぶことが大事になります。

冒頭でも述べましたが、「感情」は感じれば消えていくものです。

そして出来事は「感情」が感じて欲しいがために、引き起こしていることが大部分です。

※「人間関係を改善!!スピリチュアルの観点から簡単に変わる方法をお伝えします。」をご参考ください。

「不安」も向き合って、感じてあげれば、どんどん消えていきます。

それに合わせて、現実も変わりますので、時間を取ってゆっくりと感じてあげてください。

そして、「受け止めるなんて無理」「ゆっくり時間を取りたくない」「もっと手っ取り早く解決したい」このように思っている方は、書き出しワークをやってみましょう。

4、現在の状況を書き出す

信じられないかも知れませんが、僕たちの人生は常にバランスが取れています。

悪いことがある分だけ、良いことも必ずあるのです。

逆に言うと、良いと思えることも、悪い側面は必ずあります。

TAKAO

ですので、「不安」が現実になることによるメリットも必ずあります。だから、書き出しワークで自分にとってのメリットも認識してみましょう。

紙に書き出しても良いですし、スマホのメモ帳などでもOKです。

TAKAO

【ワーク】あなたが思いつく「不安」が現実になることで、どのような「メリット」があるか具体的にを書き出してみましょよう。

あなたの「不安」が現実になると、どのようなデメリットがあるか?
あなたの「不安」が現実になると、どのようなメリットがあるか?

不安が現実になることのデメリットはすぐに書けると思いますが(デメリットがあるから不安になると思います。)

実は、メリットも必ず存在しています。

あなたが思いつく「不安」を出来れば30個以上、少なくても10個以上挙げて、デメリットとメリットをそれぞれ書き出してみましょう。

(例)このワークに取り組むことが、なんとなく面倒だった場合

この場合は不安というよりモヤモヤした気持ちといった感じです。

では、ワークに取り組むことのデメリットとメリットとを書き出してみます。

<モヤモヤ>ワークに取り組むのが億劫だ

●ワークに取り組むデメリット●

  • 「面倒」
  • 「時間がかかる」
  • 「時間をかけて本当に解決するのか疑わしい」

○ワークに取り組むメリット

  • 「いつもなんとなく「不安」に思っていることを洗いざらい書き出すことで、気持ちがスッキリしそう」
  • 「ポジティブ思考になれる」
  • 「物事を多面的に見れるようになる」「冷静になれる」

↓そうすると↓

【<モヤモヤ>ワークに取り組むのが億劫だ 】

TAKAO

ではなく!

デメリットだけでなくメリットも書き出したら、良い部分・悪い部分の両方の側面があることが分かり、おれは悪い部分を見ていただけなんやなぁ!

TAKAO

このようにメリットも書き出す事で、今の状態を「感謝」できるようになり、やる気が出てきます。

「感謝」ができないにしても、「ま、いっか!」と思えるようになったら、それだけで前向きな気持ちになれます!
次の例も同様です。

<不安>なかなか彼氏ができなくて不安だ

●彼氏がいないデメリット●

  • 「一生ひとりぼっちかもしれない」
  • 「友達に彼氏がいて幸せそうだと、羨ましく悲観的になってしまう」
  • 「一人の時間が多くなり、たまに孤独を感じる」

 ○彼氏がいないメリット〇

  • 「誰にも気を使わずに仕事や趣味に打ち込める」
  • 「将来に悲観的になるから、自分のキャリアや人生を真剣に考える」
  • 「孤独を紛らわすために、人間関係を作って、結果人脈が広がる」

その結果

<不安> なかなか彼氏ができなくて不安だ→ <ポジティブ思考>今のうちに好きなことをしよう!  

「彼氏が欲しい欲しいと焦っても仕方がない。せっかく時間があるんだし、今は自分の好きな映画を沢山観たり、 オシャレなカフェで読書をしたりして、やりたかったことをやろう!」

このように書き出しワークをしていくと、

『「未来」⇒「不安だ」』という思考から、『「未来」→「こんなメリットもある」』という思考に書き換えられていきます。

というのも、僕たちの「感情」は「Aが起こったらBだ」という自動反応で起きています。

「顕在意識と潜在意識と超意識=思考と心と魂がわからないと心は整いません!」をご参考ください。

だから、そもそも「未来→不安だ」というパターンを自分で書き換えることが可能なんです。

「未来→こんなメリットもある。」と自動反応で起こるパターンを変えることができれば「不安」になることがそもそもありません。

しかし、これは「最低でも30以上書き出す」と書いている通り時間が掛かります。

それだけ身体に染み込んでいるパターンを変えるのは大変なんですね。

しかし、書き換えれることができれば、一気に楽になるので、強い「不安」に悩まされている方はとてもおすすめです。

そして最後に、「不安を受け入れたくないし、書き出しワークもやりたくない」と感じる手ごわい方は、

ご自分のスピリチュアルな部分を変えることがおすすめです。

5、スピリチュアルで「不安」を感じない自分になる。

プロフィールにも書いてますが、僕はめちゃくちゃ「不安」が強い人間でした。いつも勝手に将来のことを考えて、漠然とした不安に襲われる毎日を過ごしていました。

そして、スピリチュアルを活用することで自分の中に合った「不安」が減ったから今のような仕事をしています。

僕が企画しているイベントのお客様の声を見て頂ければわかると思いますが、スピリチュアルを活用すると「心が穏やかな時間」が自然と増えます。

スピリチュアルでは、この「穏やかな時間」を増やすための行動を「クリアリング」といいます。

説明しますね。

人間には、魂や心などの精神的な側面(=スピリチュアルな部分)があって、

このスピリチュアルな部分に「歪み・汚れ」のようなものがあると、「不安」「悲しい」などのメンタルの問題が発生します。

スピリチュアルな「歪み・汚れ」は、「心」すなわち「感情」に反映されます。※詳しくは『「波動」が意識・エネルギー・物質に影響していることをめちゃ簡単に説明してるよ。』をご参考ください。

ですので、スピリチュアルな部分の「歪み・汚れ」をなくして行けば、すなわち「クリアリング」を進めていけば「不安」も自然と少なくなります。

「クリアリング」について語るとめちゃくちゃ長くなるので、本記事ではスピリチュアルな「クリアリング」効果があることをまとめる程度にしています。

※詳しくは、「先祖のカルマを解消する方法5選」にて書いておりますのでご参考ください。

ぜひ、騙されたと思ってお試しくださね。めちゃくちゃ効果がありますから。

「クリアリング」効果があること

  • 神社仏閣で祈祷する。
  • 瞑想する。
  • 氏神様へ定期的に通う。
  • 「般若心経」「光明真言」などを毎日唱える。
  • 「クリアリング」効果のあるスピリチュアルなセミナーに出る。
  • 水被りを毎日行う。

 

最後に

僕たちは、いろんなことで「不安」になってしまうのですが、

実際に起こるのは、その「不安」が現実になるのはたったの1割なんです。

「不安」なことって、実際起こってから対策してもいいのではないでしょうか?
起こってから対策しても死ぬことはないはずです。

それより、起こることのない9割の「不安」を「なんとかしよう!」

ということにエネルギーを注ぐことの方がもったいないですよね。

スピリチュアルでは、1人1人に守護存在が導かれていると言いますが、僕は「本当だな。導かれてるな」と実感することばかりです。

大変なこともたくさんありますが、スピリチュアルを活用していて本当に成長させて貰って、沢山の幸せを感じれるようになりました。

「自分が導かれている。」っていう感覚を持てるようになるととても楽です。

ですので、

「不安」を受け止めながらも、「手放す」ということもしてみてくださね。

きっと「大丈夫」ということに気づけると思います。

僕も、少しづつ「大丈夫」ということに気づく日々です。

一緒に頑張って行きましょう!

TAKAO

ほいじゃーね!

この記事を書いている人 - WRITER -
スピ系イベントの企画運営をしている平成元年生まれ。スピリチュアルで心を整えて自分らしい人生を送ることを伝えています。 聞き慣れないスピリチュアルの話をわかりやすく伝えるのが得意です。 趣味は甘いものをコーヒーと一緒に食べること。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© TAKAOのスピリチュアルブログ , 2018 All Rights Reserved.